2013年05月08日

五月病になる人、ならない人 原因と対策

五月病というのは五月になる病気ではないようです。

新年度4月からの

新しい環境に馴染めなかったり、

夢と現実のギャップにショックを受けたり、

入学や入社など大きな目標を達成したことによる燃え尽き症候群から

無気力・無関心・無感動、うつ、めまいなどの状態に陥るなど

4月から1ヶ月たった5月頃に症状が発症する事が多いことから五月病と言われるようです。

専門的にはアパシーシンドローム(無気力症)と言われ

医学的には適応障害と言われています。。

新しく社会人になり、研修期間が終わるころになる事が多いようです。


どんな人がなるの?

几帳面・真面目な人がかかりやすいようです。

五月病1.jpg


対応策は

趣味などで気分転換・気晴らしをするようにする。

新しい興味を見つける。

昔の仲間と会ったりする時間を作る。



【関連する記事】
posted by とくのいち at 14:16| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。