2013年05月08日

五月病になる人、ならない人 原因と対策

五月病というのは五月になる病気ではないようです。

新年度4月からの

新しい環境に馴染めなかったり、

夢と現実のギャップにショックを受けたり、

入学や入社など大きな目標を達成したことによる燃え尽き症候群から

無気力・無関心・無感動、うつ、めまいなどの状態に陥るなど

4月から1ヶ月たった5月頃に症状が発症する事が多いことから五月病と言われるようです。

専門的にはアパシーシンドローム(無気力症)と言われ

医学的には適応障害と言われています。。

新しく社会人になり、研修期間が終わるころになる事が多いようです。


どんな人がなるの?

几帳面・真面目な人がかかりやすいようです。

五月病1.jpg


対応策は

趣味などで気分転換・気晴らしをするようにする。

新しい興味を見つける。

昔の仲間と会ったりする時間を作る。



posted by とくのいち at 14:16| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

肝炎の種類と予防

肝炎の意味と種類
なんらかの原因で肝臓に炎症を起こす状態を言う
6カ月以内に改善されるのが急性肝炎で、肝臓に炎症はあるが線維の増生は見られない。
6か月以上続くものを慢性肝炎といい、炎症とともに肝臓の線維化が見られる。
また、急性肝炎のうち特殊なもので1週間から10日で死に至る劇症肝炎がある。
(線維化とは、内臓などの組織を構成している結合組織と呼ばれる部分が異常増殖する現象のこと)

急性肝炎・・感染ウィルスに感染してから潜伏期のあと、風邪に似た症状(全身倦怠感、発熱、頭痛、間接痛、悪心、食欲不振、右わき腹腹痛など)が出て、黄疸などの症状が見られるようになる。

慢性肝炎・・急性肝炎が治りきらずに、幹細胞の破壊と修復が6カ月以上にわたって絶え間なく続いている状態を言う。
肝臓病の中で一番多いのはこの慢性肝炎で、一部は肝硬変に進むことがある。人によっては、身体のだるさや吐き気、食欲不振の自覚症状が見られる事があるが、自覚症状はほとんどない。そのため検診などにおいて偶然発見される事が多い。

肝炎の原因
もっとも多いのは肝炎ウィルスに感染しておこるウィルス肝炎である。A型、B型
C型、D型、E型、G型、の6種類があり、それぞれの肝炎ウィルスによって引き起こす。
A型、E型は主に食物を介して経口感染する。B、C、D、G型は血液を介して感染し慢
性化する事がある。なお、D型、E型の日本での発症は極めて少ない。

肝炎の予防策  
出血した時・     傷、皮膚炎、鼻血は出来るだけ自分で手当てをする。
           他人に血液が付かないにする
日用品の扱い・    剃刀、歯ブラシ、手ぬぐい、爪切り、ピアスは専用のものを用意する。
供血について・    輸血のための供血しないようにする。
乳幼児と接する場合・ 口移しに食べ物を与えないようにする。
排尿、排便後・    排尿、排便後はよく水洗いをする。
汚物等の処理・・・・・分泌物などの汚物はただちに便所に捨てるか、密封して廃棄する。可能な場合は焼却           する。
月経の場合・      処理を行ったあと、手指を流水で充分に洗う。

以上のポイントを守れば家庭内での食器の区別、入浴の順番の制限、トイレの区別など必要はない。
これらの対応策は、B型感染ウィルスに対してもので、B型よりもC型の感染は低いとされている。

肝炎の治療
高タンパクにして必要十分なカロリーを摂る。倦怠感や食欲不振の時はビタミン剤を加え
た点滴を行う。
慢性の場合は、重労働や夜勤など、負担を掛けること以外では日常生活を続けるようにす
るが、トランスアミナーゼが300以上が続く場合は安静。100以上の場合には禁酒が必
要。
(*トランスアミナーゼとは、アミノ基を一つの化合物から他の化合物に移転させる反応を触媒する酵素の総称。ほとんど全ての生物に存在する)  



**************************************

posted by とくのいち at 23:56| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。