2013年04月01日

エイプリフールの意味と起源

日本で使われるこの呼び方は和製英語で

「四月馬鹿」ということもあります。
エイプリル2.jpg


英語表記は April Fool's Day(All fool's dayとも表記される)

日本のインターネットサイト(企業サイト含む)でも、

この日に合わせてジョークを掲載する風潮が、近年は盛んなようです。

「4月1日中嘘をついてもいい」という考え方が一般的ですが

4月1日の午前0時から12時までの午前中という理解が本当のようです。


エイプリル1.jpg

********************************

エイプリルフールの起源は全く不明のようですが、ある一節を紹介します。

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、

4月1日まで春の祭りを開催していたが、

1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。

これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめた。

しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、

町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまう。

処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていた。

フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、

フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、

その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていった。

これがエイプリルフールの始まりである。

そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、

1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、

その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれた。

その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、

「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていった。


posted by とくのいち at 09:09| 卯月(4月)の風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。